自分の努力でも案外視力は回復する

私が自分の視力の低下に気が付いたのは、車の運転をしていた時です。

道路の標識の字が読みづらかったり、前の車のナンバーが読みづらかったりするのです。

自分の生活を振り返ってみれば、目が悪くなるのは当然だと思います。

なぜなら、毎日仕事で10時間くらいパソコンの画面に張り付いていますし、それ以外の時間はほとんどスマホをいじっています。

そうやって近くの物しか見ないでいれば当然目が悪くなりますよね。

でも、私はこの歳になるまで眼鏡もコンタクトもかけず裸眼で生きてきました。

いまさらコンタクトライフや眼鏡がなければ車も運転できないなんて、不便で仕方ありません。

だから、どうにかして視力の回復ができないかとかんがえました。

そういえば、学生時代に、受験勉強に打ち込んで、仮性近視になった友人がいました。

友人は母親が、視力矯正器具なるものを買って来て、それで本当に視力が回復したのです。

その視力回復器具は、双眼鏡のような機械で、覗き込むと中は真っ黒。

そして赤い光がポツポツと上下左右に光が点滅するのです。

その光を目で追うと、目の筋肉が鍛えられ、ピントが合うようになって来るというのです。

その原理をどうにか真似できないかと思いました。

それで、通勤時に電車に乗っている間、スマホをいじるのをやめて、色々なところを見るようにしました。

上下左右、遠いところ、もっと遠いところ、とにかく目玉を動かし続けました。

そういう生活を続けて半年、免許の更新に行ったら、両目で1.0の視力がありました。

そういえば最近運転していても、見えづらいと思う事がなくなりました。

努力すれば視力は回復すると思いました。レーシック 治療が怖いなぁという人はチャレンジしてみてください。

WordPress Themes